トップページ › 無線通信営業部ホーム › ニュースリリース一覧 › ビームフォーミング機能を持つ、第5世代通信(5G)、衛星通信、Xバンドレーダ向けマイクロ波・ミリ波デバイスの取り扱い開始

無線通信営業部

ニュースリリース

プレスリリース:2016年11月 2日

ビームフォーミング機能を持つ、第5世代通信(5G)、衛星通信、Xバンドレーダ向けマイクロ波・ミリ波デバイスの取り扱い開始

(株)ネットウエル(代表取締役社長 榎本 格、本社 東京都新宿区新宿1-26-1 長田屋ビル、資本金33.25百万円、以下ネットウエル)は、米国Anokiwave, Inc.(アノキウェーブ、社長Robert S. Donahue)社と日本販売代理店契約を締結したことを発表致しました。

アノキウェーブ社はミリ波5G、レーダ、衛星通信市場ならびにアクティブアンテナベースソリューション用高集積ICソリューションを提供する革新的な企業です。

衛星通信では必要とされる地域に効率良く電波を発射するために、Xバンドレーダに採用されている位相制御により電波ビームを操作するという方法を行っています。

5G向け製品はミリ波アクティブアンテナ用半導体であり、益々増加しつつある携帯電話および端末の通信需要に対応する製品です。最近モバイル端末等を利用して大容量コンテンツを高速に送信する需要が海外並びに国内で高まってきています。電波ビームを操作することにより、人が多い地域に効率よく電波が発射されるように、あるいは高いデータ量のコンテンツを短時間で送信したいというという要求に応える製品です。

次世代通信およびレーダにはアクティブ電子誘導アンテナの機能を持ち、高い集積度のシリコンコアICを用いたミリ波で動作する製品があります。これらのコアチップの開発は先進的なアーキテクチャーと相まって産業界に大幅な変革を迫りつつあります。 弊社はアノキウェーブ社シリコンコアIC IPを利用して、AESA用システムアーキテクチャーを組み合わせ、上記市場を対象とする高集積ICを販売致します。

用途
*5G世代通信
*レーダおよび通信 AESA
*衛星通信 AESA
開発キット

 製品評価用としてキットが用意されています。上記5G世代通信、レーダ、衛星通信の各用途に合わせた製品のキットがあります。詳細はお問い合わせください。

販売価格

 お問い合わせください。

*AESAはActive Electronically Steered Antennasの略称であり、アンテナアクティブ素子の位相を制御することにより、アンテナビームの操作が電子的に可能になるアンテナです。別名APAR(Active Phased Array Radar)と呼ばれ、アレイアンテナの一種です。

Anokiwaveについて

Anokiwaveは新たなミリ波およびAESA市場向けの高集積コアチップソリューションの最先端企業です。Anokiwaveの創造的システム設計および半導体技術の最適な選択により厳しい技術問題を解決しました。
Anokiwaveは米国カリフォルニア州サンディエゴに本社を置き、アリゾナ州フェニックス、マサチュセッツ州ボストンにデータセンタ拠点を持っています。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社ネットウエル 無線通信営業部
TEL:03-5368-3453  FAX:03-3226-2860
製品詳細ページ:http://www.netwell.co.jp/wireless/maker/anokiwave.html
オンラインでのお問い合わせはお問い合わせフォームから

NetWell、ネットウエル、株式会社ネットウエルの登録商標です。
本プレスリリースに記載されているその他すべての商標名及び製品名は登録商標です。

上へ戻る