トップページ › 無線通信営業部ホーム › ニュースリリース一覧 › 超大型リバブレーションチャンバー販売開始

無線通信営業部

ニュースリリース

プレスリリース:2015年9月10日

超大型リバブレーションチャンバー販売開始

PDFファイル

 (株)ネットウエル(代表取締役社長 榎本 格、本社 東京都新宿区新宿1-26-1 長田屋ビル、資本金33.25百万円、以下ネットウエル)は、日本販売代理店として輸入販売している、スペインEMITE Ing.(イーマイト/スペイン、社長David Sánchez-Hernández)社の新製品である、FシリーズMIMO アナライザーを発表致しました。

 本製品F200は、超大型リバブレーションチャンバーにて2m大のデバイスを200MHzより6GHzのレンジで測定可能です。また、無類の精度及び、リピータビリティーの測定を短時間で実現します。

製品の開発背景:
インターネット及び機器間通信、ウェアラブルデバイスの普及により、これに応えるべく製品の開発が行われました。

特長・仕様
F200シリーズは、既存のE500シリーズと同等な機能に加え、200MHzより6GHzまでの動作するリバブレーションチャンバーです。
大容量(最大2m(H) 1.5m(W) 1.5m 100Kg)の巨大DUTをチャンバー内に収容可能とし、各種標準化団体の3GPP、CTIAの標準規格の各種試験を測定できます。

市場背景
無線モジュールを活用したM2M、IoT、ウェアラブルOTA技術で任意の機器、例えば大型のテレビ、ノートPC、自動販売機、冷蔵庫、洗濯機、ごみ収集等にみられる家電製品端末間の通信の利便性が大幅に向上し、潜在的市場の広がりが見込まれます。
これらの機器は電波利用に際して、各種標準化試験を行う必要があります。この標準化試験データ測定を迅速に行い、再現データ取得の高い試験環境が必須であり、このような室内で測定可能なリバブレーションチャンバーの必要性が多くなります。
CTIA Super Mobility Week 2015にて展示発表

 2015年9月9日~11日に、米国ラスベガスで行われておりますCTIAにて最新のLTEキャリアアグリゲーション試験装置及び、F200超大型リバブレーションチャンバーを展示発表致します。
この展示会中に限り、特別価格でのご案内を致します。
またデータシート、ビデオ等詳細情報は展示ブース(#3961)にてご提供致します。

名称CTIA Super Mobility Week 2015
開催日2015年9月9日~11日
会場米国ラスベガス Sands Expo
ブース番号#3961 (Acentury-EMITE)
製品名:FシリーズMIMOアナライザー(F200)
販売開始:2015年10月01日~受注開始
FシリーズMIMOアナライザー(F200)



お問い合わせ

株式会社ネットウエル 無線通信営業部
TEL:03-5368-3453
オンラインでのお問い合わせはお問い合わせフォームから

上へ戻る