トップページ › 無線通信営業部ホーム › ニュースリリース一覧 › 製品情報 防衛 / 衛星 / 無線基地局使用、
ワイヤレスに特化したGPS クロック

無線通信営業部

ニュースリリース

最新情報:2013年4月 4日

製品情報 防衛 / 衛星 / 無線基地局使用、
ワイヤレスに特化したGPS クロック

PDFファイル

 (株)ネットウエル(代表取締役社長 榎本 格、本社 東京都新宿区新宿1-26-1 長田屋ビル、資本 金33.25 百万円)が、正規販売代理店をしております米国TRAK Microwave Corporation(以下、 TRAK 社(トラック)、フロリダ州)社製、防衛 / 衛星 / 無線基地局 等で使用されますGPS クロック、 3 製品のご紹介を致します。

モデル8833-13:周波数・時間基準モジュール(FTRM)
 50ch のGPS 受信機を内蔵し、二重の10MHz 恒温槽水晶発振器と時間/周波数信号発生器を、3U サイズのコンパクトPCI で構成されています。10MHz 出力を含み、1PPS/TOD です。
FTRM は、オンボードC /A コードGPS 受信機または外部SAASM GPS 1PPS からの同期が可能です。 GPS 基準ソースは自動で選択され、外部GPS のプライマリーリファレンスは、内部GPS と外部GPS を 1PPS で切り替えられます。

 GPS を補足している間、プロプライオリティディスクプレインアルゴリズムによって、UTC(協定世界時) に±100ns 以下で同期します。 FTRM のGPS リファレンスがない場合±10us 以下のホールドオーバー 確度で時間同期を維持します。

モデル8835:防衛/衛星/無線基地局使用GPS クロック
 12ch のGPS 受信機を内蔵し、2 個の恒温槽水晶発振器またはオプションでルビジウム発振器を搭載 します。
コンパクトな密閉型で、ルビジウム発振器オプションでは衛星が捕捉できないときでも長時間の安定した クロック出力を提供します。

 GPS を捕捉している間、プロプライオリティディスクプレインアルゴリズムが、UTC に対して50ns RMS の確度を保証し、ルビジウム発振器オプションでは24 時間平均2×10^-11 以下の長期周波数安定度と、 24 時間で±2us 以下の1PPS を提供します。

モデル8821:コストパフォーマンスに優れた防衛/衛星/無線基地局使用GPS クロック
 GPS クロックは、12ch パラレルGPS 受信機を内蔵し、高確度な水晶発振器と周波数信号発生器で構 成された費用対効果の高い製品です。
フェーズオフセットは1PPS で、UTC を基準として、1 つ以上の衛星捕捉時は、平均100ns 以上です。発 振器オプションには、1 つの恒温槽付き水晶発振器、2 つの恒温槽付き発振器、またはルビジウム発振 器があります。

 モデル8821 は、GPS による自動発振器補正が内蔵され、自動うるう秒補正、内蔵カレンダーは自動 でうるう年をアップデートします。リモートセットアップ機能を使用することにより、オペレーターは自動で 夏時間の修正を設定することが出来ます。これらの機能は、非常に高いMTBF がプラスされていて、 RS-232C リモートステータスモニタリング機能によるセットアップ・キャリブレーション・メンテナンスによっ て設置現場に訪れる必要をなくすことができます。
またすべてのモデルにはアクティブアンテナが供給されています。

TRAK社詳細はhttp://netwell.co.jp/wireless/maker/trak.html


お問い合わせ

株式会社ネットウエル 無線通信営業部
TEL :03-5368-3453
オンラインでのお問い合わせはお問い合わせフォームから

上へ戻る