トップページ › 無線通信営業部ホーム › ニュースリリース一覧 › LTE MIMO OTA試験環境のご案内

無線通信営業部

ニュースリリース

プレスリリース:2011年9月28日

LTE MIMO OTA試験環境のご案内

EMITE社 LTE MIMO OTA試験環境のご案内
PDFファイル

株式会社ネットウエル(代表取締役社長 榎本 格、本社 東京都新宿区新宿1-26-1 長田屋ビル、以下、ネットウエル)は、EMITE Ing.(CEO David Sanchez, Murcia, Spain、以下、EMITE) MIMOアナライザ(モードスタードマルチキャビティーリバブレーションチャンバ) E400とアンリツ株式会社(代表取締役社長 橋本 裕一、本社 神奈川県厚木市恩名5-1-1、以下、アンリツ)ラジオコミュニケーションアナライザ MT8820Cとを組み合わせることによりLTE MIMO OTA(Over The Air)接続測定を実現いたしました。

ラジオコミュニケーションアナライザMT8820Cは、LTE FDD/TDD、W-CDMA/HSPA/HSPA Evolution、CDMA2000/CDMA2000 1xEV-DO、TD-SCDMA、GSM/GPRS/E-GPRS方式に対応した計測器です。擬似基地局機能を搭載しており、携帯端末・チップセット評価で必要とされるRF送受信試験、呼接続試験が1台の計測器で行えます。また、最大100MbpsのIPデータレートの受信スループット試験を2x2 MIMO環境下で行えるオプションも用意しており、LTE携帯端末の試験サービスで必要とされる機能を有しています。
モードスタードマルチキャビティーリバブレーションチャンバE400は、690MHz~12GHzをカバーしOTA測定に用いられるマルチパス環境を作れる撹拌機能を備えております。
このMT8820CとE400の組み合わせにより3GPP、COSTやCTIAなどの各種標準化団体で携帯電話などに求めているTIS(総等方向性受信感度)、TRP(総放射電力)、MIMO TIS、MIMO TRPそしてスループットの測定を迅速かつ正確に可能に致しました。MT8820CとE400は接続性が非常に良く従来の接続性に苦しむ点が回避され非常にスムーズに測定を行えることが特徴です。
各種標準化団体から求められている測定パラメータをE400のGUI(ソフトウェアー)にて簡単に設定することでMT8820Cをコントロールすることができます。



EMITE詳細はhttp://netwell.co.jp/wireless/maker/emite.html
アンリツ詳細は http://www.anritsu.com/ja-jp/products-solutions/products/mt8820c.aspx



お問い合わせ

株式会社ネットウエル 無線通信営業部
電話:03-5368-3453
オンラインでのお問い合わせはお問い合わせフォームから

上へ戻る