トップページ › 無線通信営業部ホーム ›  製品製造メーカー ›  EMITE Ing.

無線通信営業部

EMITE Ing.

会社名 EMITE
所在地 Edif. CEDIT. Parque Tecnologico de Fuente Alamo
Ctra. Estrecho-Lobosillo km 2.5 E-30320 Fuente Alamo
TEL : + 34 968 100 181
FAX : +34 968 100 381
URL http://www.emite-ing.com
会社概要 EMITE社(スペイン)は、2006年12月にスペインのカルタヘナ工科大学、Microwave Engineering Research Group (GIMRE)とElectromagnetic Interaction with Matter (GEM)研究グループと共に設立されました。
同社製品は3GPP RAN4, CTIAなど各種標準化団体にて検討されているOTA(Over the Air)接続に関する評価手法を取り込んだ画期的な屋内型小型MIMOテスト装置です。このEシリーズMIMOアナライザーは、携帯電話端末、ワイヤレスLANなどの小型無線通信装置や小型アンテナ用に開発され、SISOから8 x 8 MIMOまで対応可能でございます。
いろいろなフェージング環境における総放射電力(TRP)、受信感度(TIS)、スループット等の測定を高確度で求められます。
製品紹介 EMITE  Application Note

モデル 測定項目
E500 8x8 MIMOアナライザー この製品は現在実用化されているすべての無線および携帯技術において2Gから5G SISOとMIMO OTAテストを全自動化の迅速かつ単純なテストを行います。
E500 MIMOアナライザーは送信とMIMO OTA 標準化テストにはCTIAと3GPPから事前に選択されています
E500 ATTプラットフォーム LTEとLTE-AをMIMO OTAテストにおいてキャリア各社の要求を満たすこと、ならびに無線デバイスの実際の性能を決めることは簡単ではありません。
EMITEはAniteと協力してMIMO OTA性能と適合性評価を行うAutomated Turnkey Testプラットフォームを作りました。米国のキャリア各社はLTEとLTE-A CA MIMO OTAプランに対して要求を設定し、弊社の最先端システム、RC+CE テストシステムを表すEMITE-Anaite E500T-ATTテストプラットフォームを承認しようとしています。
主要な特長
*RFケーブルを再接続をする必要のない全自動化ターンキーシステム
*すべての機器(VNA、eNodeB、CE、RC)を一つのGUIソフトウエアで管理
*全テスト項目を自動制御ならびに報告作成
*付属アルゴリズムにより夜間テスト
*LTEおよびLTE-Aのスループット(TPUT)、総放射電力(TRP)、受信感度(TIS)、MIMOスループット感度(MITS)の測定
*2x2、4x4、8x8 MIMO OTA
*LTE-A CA for 2DL, 3DL and 4DL CC
*結果のグラフ化、エクスポート
*評価の合否を含む報告書
F200 Fシリーズ MIMOアナライザーはEシリーズ製品と同じテスト特長を保ち、被測定物としてラップトップ、TVなど大型の測定物に対応します。200MHz-6GHz周波数範囲をカバーし、ターンテーブルにフルサイズのファントムを加えた4.5m³のテスト容量を持ち、4チャンネルまでの機能を持ちます。大きなサイズのM2M/IoT/ウエアラブルデバイスのTRP、TIS、TPUTを効率よく測定します。また測定は短時間、非常に正確、測定の再現性に優れ、わかりやすいGUIにより可能です。被測定物に通電試験も可能です。チャンネルエミュレータとの組み合わせテストも可能です。
代表的なテスト時間はTRPが1分以内、TISは3分以内です。0.5dBの感度校正値や0.25dBの標準偏位は一般的です。
F200 M2Mリバブレーションチャンバーは2015年CTIA M2M Large-Form-Factorラウンドロビン方式テストに使用されました。
共通仕様

電源:100-240 [V]
インターフェース: USB-GPIB

 
E400 E400の中


お問い合わせ

株式会社ネットウエル 無線通信営業部
電話:03-5368-3453
オンラインでのお問い合わせはお問い合わせフォームから

上へ戻る