トップページ › ビデオネットワークソリューション営業部ホーム › ニュースリリース一覧 › フルHD映像をUSB3.0で取り込み可能!外付けキャプチャーボックス販売開始

ビデオネットワークソリューション営業部

ニュースリリース

プレスリリース:2014年12月18日

フルHD映像をUSB3.0で取り込み可能!外付けキャプチャーボックス販売開始

PDFファイル

 (株)ネットウエルは、日本販売代理店として輸入販売している、AVerMedia Technologies社の新製品である、フル1920 x HD解像度(1080、60p)の映像信号を取り込むことが出来る、USB3.0タイプの外付けキャプチャーボックス、DarkCrystal 750(ダーククリスタル 750、 型番:CD750)を2014年12月18日より日本での販売を開始致します。

USB3.0製品で課題であったPCとの相性問題を大幅に改善し、これまで困難だった外付型の映像取り込みを可能とする、実用に耐える製品が市場に登場

 この製品はこれまで問題となっていたUSB3.0インターフェイスでのPCとの接続性を大幅に改善することにより、利用出来る範囲を大幅に広げることができます。

製品の開発背景:
映像をPCに取り込むためには、ビデオキャプチャーカードをPCのPCI Expressスロットに挿入し、利用することが一般的です。しかしながら、現有機器のソフト、ハードに影響を及ぼさずに映像取り込みの機能を追加するには、外付けが可能で、USBインターフェイスを持った映像キャプチャーボックスが望まれていました。映像の品質はフルHD映像が普通になってきており、この映像を取り込むためには理論的な最高転送速度をUSB2.0の毎秒480メガビット(Mbps)から毎秒5ギガビット(Gbps)まで引き上げたUSB3.0 の規格を満足する製品が必要でした。
これまで、数社の製品が市場に出ておりますが、PC側のUSB3.0のホストコントローラーとの相性問題で、なかなか満足な結果が得られない状況がありましたが、CD750はこの問題を大幅に改善し、広く利用していただける製品となっております。

特長
◯ フルHD(1920 x 1080、60p)の映像をUSB3.0で取り込み可能
◯ USB3.0製品で課題であったPCとの相性問題を大幅に改善
◯ これまで困難であった外付型キャプチャーボックスを実現可能
主な対象分野
これまで困難だったラップトップPCでのフルHD画像の取り込みが可能になったことにより、画像認識、画像解析用の映像取り込みが簡単に行えるようになりました。
また、外付けで利用出来ることから、現在利用している機器に影響を与える事なく、映像の取り込みが可能となります。
ネットウエルでは医療画像分野、画像認識分野、産業用画像解析分野、等広範囲な分野での利用を見込んでおります。
製品名:DarkCrystal 750(ダーククリスタル750)
販売開始時期
2014年12月18日~受注、及び出荷開始



お問い合わせ

株式会社ネットウエル ビデオネットワークソリューション営業部
TEL :03-5368-3473
オンラインでのお問い合わせはお問い合わせフォームから

上へ戻る