トップページ › ビデオネットワークソリューション営業部ホーム › ニュースリリース一覧 › PCI-express仕様のOspreyをDELL社製PCに搭載させるに当たっての注意

ビデオネットワークソリューション営業部

ニュースリリース

最新情報:2008年6月30日

PCI-express仕様のOspreyをDELL社製PCに搭載させるに当たっての注意

平素は、弊社製品「Ospreyシリーズ」をご採用・ご利用を頂きまして誠にありがとうございます。
「Ospreyシリーズ」製造・販売メーカーViewCast社より首記に関するレポートが入ってまいりましたので、ご報告申し上げます。

DELL社製スリムデスクトップ型とスモールフォームファクター(SFF)型の「Optiplex 755」にて、PCI-express仕様の「Osprey-240」を搭載させて利用しようとした際に、「Optiplex 755」 上で「Osprey-240」が、ビデオキャプチャーカードでなく、ビデオ(グラフィックス) カードとして認識されてしまうという問題が発生することが 「Osprey-240」ユーザーから報告がされました。

問題点が発生した理由は次の通りである。

DELL社製スリムデスクトップ型とSFF型「Optiplex 755」で使用されているマザーボードのPCI-expressは、「PCIe x16」をビデオ(グラフィックス)カード用に最適化してあり、このPCI-expressスロットにインストールされるどんなカードも、全てビデオ(グラフィックス)カードとして認識されてしまうようです。またその結果、PCI-expressスロットに何らかのボードがインストールされるとマザーボードは自動的にオンボードのビデオチップの機能を無効にしてしまうようです。

以上のことから、DELL社製のPCに、PCI-express仕様のOspreyシリーズをインストールして、ビデオキャプチャーを検討されているお客様には、DELL社製スリムデスクトップ型とSFF型「Optiplex 755」を選択対象にされないことをご注意申し上げます。また、おそらくDELL社製スリムデスクトップ型とSFF型「Optiplex 745」の後期モデルも対象になると推測されるため、PCI-express仕様のOspreyシリーズをインストールして、ビデオキャプチャーを検討されるお客様には、DELL社製スリムデスクトップ型とSFF型「Optiplex 745」も選択対象にされないことをご注意を頂けますようお願い致します。

また、DELL社製に限らず、「PCIe x16」のみを搭載しているPCにPCI-express仕様のOspreyシリーズをご利用される場合には、PCの仕様をよく確認を頂けますようお願い致します。



「参考」

ViewCast社では、社内テストにPCI-express仕様の「Osprey-700eHD」を DELL社製ミドルタワー型「Optiplex755」で使用しております。現状問題なくOsprey-700eHDは動作しています。DELL社製ミドルタワー型の「Optiplex 755」には、PCI-expressスロットが、「PCIe x16」の他に「PCIe x1」が搭載されております。「Osprey-700eHD」は、「PCIe x16」ではなく、「PCIe x1」にインストールしていることで、問題なく動作しているとのこと。

以上



お問い合わせ

株式会社ネットウエル ビデオネットワークソリューション営業部
TEL :03-5368-3473
オンラインでのお問い合わせはお問い合わせフォームから

上へ戻る