トップページ › ライフサイエンス営業部ホーム › ニュースリリース一覧 › 名古屋大学 付属医学教育研究支援センターにて 糖鎖 解析 ソフト導入

ライフサイエンス営業部

ニュースリリース

最新情報:2014年12月18日

名古屋大学 付属医学教育研究支援センターにて 糖鎖 解析 ソフト導入

糖鎖 & 糖ペプチド 構造解析「SimGlycan® Enterprise Edition」がご導入されました。

2014年12月18日

 

 名古屋大学大学院医学系研究科・医学部医学科 付属医学教育研究支援センター 分析機器部門、分子細胞化学講座 教授 古川鋼一 先生の研究室にて、糖鎖&糖ペプチド構造解析ソフトウェア「SimGlycan® Enterprise Edition」が採用されました。
「SimGlycan®」は、糖鎖研究用ソフトウェアとして、質量分析のMS/MSおよび多段階MSデータから、糖鎖および 糖ペプチドの構造を予測します。論理的フラグメントに関する独自のデータベースをもとに、可能性のある候補構造を同定します。






※本導入事例、及び掲載記事に関するお問い合わせは株式会社ネットウエルまでお願いいたします。ユーザー企業様へのお問い合わせはご遠慮ください。
※本導入事例、及び掲載記事を営業活動または営利を目的として使用することは、事前に当社の許諾がない限り禁止いたします。
※本サイトに掲載されているコンテンツ(記事、画像、イラスト等)は株式会社ネットウエルの承諾なしに無断転載することはできません。


お問い合わせ

株式会社ネットウエル ライフサイエンス営業部
TEL:03-5368-3459
オンラインでのお問い合わせはお問い合わせフォームから

上へ戻る